歯科衛生士に求められる3大業務とは?その内容を詳しく説明します!


虫歯や歯周病などの予防処置

歯医者で治療を受ける必要があるのは、虫歯や歯周病にならないためです。どれだけ丁寧に歯磨きをしても、虫歯や歯周病などは発生してしまうので、歯科衛生士が歯医者で「予防処置」をしなければなりません。その方法はプラークや歯石などを取り除くことです。このプラークは細菌と代謝物のかたまりなので、奇麗に除去しなければ石灰化して歯石になってしまいます。その歯石を取り除かなければ、虫歯や歯周病になるので、歯科衛生士が行う予防処置は極めて重要な仕事なのです。

円滑な治療のために歯科診療の補助を行います

歯科診療は1人の医師が治療をする訳ではなくて、歯科医師たちがチームとなって診療を行っています。そのため歯科衛生士は「歯科診療補助」を行って、歯科医師の診療のサポートや、歯科医師と患者さんの仲介となって、コミュニケーションを取ることも求められます。そのときには患者さんに歯の痛いところや気になるところは無いか確認するのです。その他に、歯科医師の指示を受けて診療をしたりします。ただし患者さんに危険が及ばない範囲までの診療なので、心配する必要はありません。

歯科保全指導をして、患者さんに説明します

歯医者で患者さんを治療しても、患者さんが食事をした後に間違った歯磨きをすれば、簡単に虫歯になってしまいます。そのため歯科衛生士は、患者さんに正しい歯磨きを教えて虫歯になりにくいように「歯科保全指導」しなければなりません。歯ブラシが届かない所には糸ようじや歯間ブラシをすすめたり、歯の裏側の磨き方などを丁寧に教えます。そして鏡を使い患者さんに歯の状態を見せて、今の歯磨きの仕方ではこのような虫歯が出来てしまうことも伝えるのです。患者さんの意識を変えて虫歯になりにくいようにするのが、歯科保全指導なのです。

歯科衛生士は、需要の高まっている職業のひとつです。そのため、歯科衛生士の求人は全国的にも増加傾向にあります。