保育士になりたい!どうやったらなれるの?


まず資格を取得しましょう

保育士になるためにはまず資格を取得する必要があります。資格取得の方法は2つあります。1つは保育士を養成する学校を卒業することです。専門学校や短期大学、四年制大学でコースを設けているところがあります。こういった学校に入学すれば卒業と同時に資格を得られます。また、保育士試験に合格すれば資格を取得できます。短大卒業以上の学歴があれば誰でも受験可能ですよ。試験は筆記試験と実技試験に分かれています。筆記試験は全部で9科目です。実技試験は筆記試験に合格すると受験できます。

資格を取得してからすること

保育士の資格を取得してもすぐに働くことができるわけではありません。試験に合格した場合は各都道府県知事へ登録を申請して知事から保育士証の交付を受ける必要があります。試験の合格から保育士証が交付されるまでには大体2~3ヶ月程度かかります。なお、登録は義務ではないため保育士として働かない場合は登録しなくても構いません。登録しなかったとしても保育士の資格は有効です。保育士として働き始めるときに登録すれば大丈夫です。

保育士のお仕事の探し方

保育士の資格を取得して保育士として働きたいときは保育園などの求人を探しましょう。求人を探すときは保育士専門の求人ポータルサイトが便利です。地域を絞って検索できますよ。また、小規模保育や残業少なめなど条件を絞って検索することも可能です。さらに、様々な求人を比べられるので時給の相場もわかります。サイトによってはコンサルタントがいて就職をしっかりサポートしてくれます。ポータルサイトを上手に活用して自分にぴったりな求人を見つけましょう。

大都市の保育士の求人数は2016年時点では2倍以上になっている地域が多く、各自治体は保育士集めに日々努力しています。