ドラッグストアにも活躍場所がある!?薬剤師の職場


薬剤師の資格と活躍の場

薬剤師と言うのは国家資格であり、薬学を学べる大学などを卒業すると国家試験の受験資格が得られ、試験に合格する事で資格を取得出来るなどの特徴があります。薬剤師の仕事場と言うと製薬会社の中での医薬品開発と言ったイメージがありますが、身近な場所にも薬剤師の活躍が出来る就職先があるのです。例えば薬局が薬剤師の活躍場所の一つです。最近は薬局を持つ病院が少なくなっていますが、病院内にある調剤薬局などは薬剤師の活躍の場とも言えましょう。

調剤薬局は薬剤師が活躍出来る就職先の一つです

薬剤師の資格を取得している人の中には派遣社員として色々な職場を経験している人も多いと言われていますが、派遣先の中でも多いのは調剤薬局だと言います。調剤薬局は医師が書いた処方箋を持って行くと、処方箋に基づき医薬品の調剤業務を行う場所です。身近な場所ではドラッグストアの中にある調剤薬局などが一般的ですが、大きな病院の中にある調剤薬局も薬剤師の活躍の場となります。他にも、治験の中で活躍する薬剤師もいるなど、仕事の場、活躍の場は豊富にあると言えましょう。

ドラッグストアと言う職場での仕事内容とは

ドラッグストアと呼ばれているお店では、医薬品を初め、食料品や化粧品類、生活用品と言った幅広いジャンルの商品を販売しています。中でも調剤薬局は病院から処方箋を貰って来た患者さんや家族などが薬を購入しに出向く場所で、薬剤師が全ての業務を行う事になります。ドラッグストアの中での薬剤師の仕事は処方箋を持って来た人への接客として、薬の服用の仕方や現在の病気の状況などを聞く、医薬品の効果などについての説明を行うのが主体となります。

薬剤師の派遣では、希望条件に合った勤務スタイルを選択できるため、プライベートを充実させたい場合でも安心です。